最近多い2種類の性機能障害による男性不妊

2014年03月16日

最近多い2種類の性機能障害による男性不妊

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

性機能障害による男性不妊とは、精液検査には問題が無いものの、性交や射精に問題が生じ、妊娠する事が出来ない状態の事を言いますバッド(下向き矢印)

男性不妊の原因として多い性機能障害は主に以下の2種類です。

1) 勃起不全

全く勃起しなかったり、勃起が不十分で性交自体が困難になってしまう状態もうやだ〜(悲しい顔)

特に今までは問題なかったにも関わらず、不妊治療中のプレッシャーで、女性の排卵日付近になると勃起不全になってしまうケースが多く見られるので注意が必要。

2) 射精障害

性交はできるのに、射精する事が出来ないため、妊娠する事が出来ない

上記2つは同時に患ってしまうケースも結構多いようです。がく〜(落胆した顔)

ストレスを軽減したり、生活習慣を改善するなど、環境を変える事で自然に改善する事もありますよね。

しかし、早く妊娠したい方は、薬物療法やAIHなどの不妊治療を行う事もできます

性機能障害の場合、恥ずかしがって治療を拒む方も多いようですが、今は珍しい事ではないので、恥ずかしがらずに病院に行ったほうが良いでしょう。病院

勃起不全.jpg

また、すでに不妊治療を行っている方で、タイミング法での治療を行っている場合は特に、排卵日に男性に過剰なプレッシャーがかからないように、ご夫婦で工夫する必要があると思います

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 男性不妊改善法管理人 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。