2015年07月29日

泌尿器科で男性不妊検査を受ける2つのメリット

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

男性不妊の検査を受ける際、ちょっと行きにくいものの、産婦人科で検査を行うと女性と同時に治療を行えるなどメリットが多いですよね。わーい(嬉しい顔)

しかし、泌尿器科で検査を受けると面倒ばかりというわけではありません

泌尿器科で検査を受ける場合にもメリットはあります。

1・婦人科に通うよりは気が楽

女性ばかりの婦人科に診察を受けにいくというのは気が引けるという方が多いですよね。バッド(下向き矢印)

また、病院によっては女医さんが大半という病院もあるので、余計に恥ずかしいという方も多いと聞きます。

泌尿器科にも女医さんはいますし、患者さんにも女性はいますが、婦人科にかかるよりは行きやすいという方が圧倒的に多いようです。

2・手術が必要になった場合も対応してもらえる

男性不妊の原因の中でも、精路が塞がっていることが原因で、手術が必要になった場合、婦人科では手術してもらえず、結局転院することになります病院

精路通過障害.gif

検査をしてみない事には不妊の原因がわからないのでなんともいえませんが、男性側に手術が必要な場合は結局泌尿器科の専門医に見てもらうことになるので、最初から泌尿器科に行った方が早いケースもあるでしょう。

このように、泌尿器科で検査を受けてもそれなりのメリットがあります。手(チョキ)

婦人科で検査を受けたほうが良いのか、泌尿器科で検査を受けたほうが良いのか、ご自分の状況と合わせてよく考えて決めましょう。

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 男性不妊改善法管理人 at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

婦人科で男性不妊検査を受ける2つのメリット

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

自分が男性不妊であるかどうか知りたい場合、その検査を受ける場所として、産婦人科泌尿器科という選択肢があります。病院

男性不妊検査.jpg

婦人科で検査を受けるというと、少し抵抗を感じる男性が多いのではないでしょうか。

確かに、殆どの患者さんは女性ですから居心地の良いものではありません。ふらふら

しかし、泌尿器科で検査を受けるよりも、婦人科で検査を受けた方が良い点があります

1・女性の不妊検査と同時に始められるので、時間的ロスが少なく済む

女性が婦人科で不妊治療を開始し、男性不妊の可能性を指摘されてから泌尿器科で検査を受けるとなると、先に女性が治療を受けていた期間が無駄になります。もうやだ〜(悲しい顔)

女性の治療開始と同時に男性も同じ病院で検査をすればデータのやり取りも病院間で行う必要がありませんし、医師も不妊の原因を判断しやすいでしょう

男性不妊の場合も女性側が治療を受ける場合が多いため、婦人科で検査を受けた方が治療までスムーズに行える

乏精子症や無精子症だった場合、結局AIHや体外授精を行う必要があるケースが殆どです

そうなると結局泌尿器科では出来ないので、最初から婦人科で診てもらっていたほうが話が早いのです。soon

このようにメリットがあると言っても、婦人科に行くのはやはり勇気が要りますよね。

そういった方は泌尿器科で検査を受けても良いと思いますが、女性が治療開始するタイミングでご自身も検査を受けに行くようにした方が良いでしょう。わーい(嬉しい顔)

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 男性不妊改善法管理人 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

男性不妊専門クリニックのメリットとデメリット

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

「男性不妊」という言葉が世間にだいぶん認知されてきましたよね。わーい(嬉しい顔)

そして男性不妊にお悩みの方の人数もどんどん増えているといいます。

今まで不妊外来といえば、「産婦人科」や「レディースクリニック」等女性の病院というイメージがありましたが、男性不妊向けのクリニックも多くなりましたグッド(上向き矢印)

男性不妊専門.jpg

男性不妊にお悩みの方の多くは「自分が不妊である事を知られたくない」「女性の多い婦人科に通院するのは精神的に辛い」と感じていらっしゃいますよね。

男性向けの不妊クリニックというのは男性が不妊の治療をストレス無く続け安くなっており、非常にメリットがあると思います

但し、メリットだけでは有りません。もうやだ〜(悲しい顔)

不妊の治療というのは、どうしても女性、男性一方だけが治療しただけではダメというケースが非常に多いですよね

女性と同じ病院で検査、治療を行えば、男性女性共の検査結果から、適切な治療法をすばやく検討する事が出来ます。病院

しかし、違う病院でそれぞれが治療を行うとデータのやり取りなど面倒が生じてしまうケースが多いのです

また、女性にも不妊の原因があり、AIHや体外授精など、を行う必要が生じた場合、男性不妊専用クリニックでは治療できず、結局女性の病院で治療を行うという事もあるでしょう。バッド(下向き矢印)

メリットとデメリットをよく考慮してどのような病院で治療するのが自分に合っているのか検討してみてください。

男性不妊でも妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 男性不妊改善法管理人 at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。